土壌の中和試験〜過リン酸石灰の中和はおすすめできません〜

0
     ここのところ毎日50試料以上のpHを測定しています。pHが安定するまで1案件について1週間から10日程度必要なため、このような事態になってしまうのですが。
    基本的にはアルカリ土壌の中和が多いですが、今回は「酸性硫酸塩土壌」の中和試験も行っています。
    この土壌は地山内部にあるときは中性〜アルカリを示していますが、空気に触れると硫酸を生成し一気に強酸性になってしまいます。
    中和試験を行う場合も、前処理として過酸化水素水を加え加熱しながら強制的に酸化させています。




    アルカリ土壌の中和に「過リン酸石灰」はちょっと危険

    さて、本日終了した中和試験は「酸性物質の比較試験」です。自社で必要なデータ収集です。

    アルカリ土壌を中和する場合、様々な酸性物質についての質問が寄せられます。
    酸+アルカリ=中和 ですが、この反応で土壌中に塩類が生成されます。植物は塩類濃度が高くなると水が吸えないなどの障害(塩類障害)を経て枯れてしまいます。当社のドクターペーハーはこの塩類を水に溶けにくい物質に変えてしまうため、植物への影響を抑制しています。
    そこで今回は、よく質問される酸性物質の特性(中和能力と塩類生成)を把握するために中和試験を実施してみました。

    さて、結果をみると「過リン酸石灰」が想像以上に電気伝導度が上昇することがわかりました。中和効果も弱いです。
    硫酸アルミニウムは高くなるだろうとは思っていましたが、これよりも高い値を示しています。中和のために配合しても、塩類濃度が基準を大幅に超えてしまうことがあるので、これはちょっと危険です。

    「アルカリ土壌は過リン酸石灰で中和できる」と思っている方は配合量に注意してください。


    一方、酸性ピートモスはpH8前後の弱アルカリ土壌には効果がありますが、pH8.5を超えると厳しいですね。今回の土壌では土壌体積の40%を加えてもpH8.65程度までしか下がりませんでした。中和剤との併用は土壌にpH緩衝性を付与するので有効です。


    下図は試験結果をまとめた「中和曲線と電気伝導度曲線」ですが、詳細はホームページにアップしましたのでご覧ください。(ドクターペーハーのページ)

    1

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:33 最後に更新した日:2017/01/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM