関東一級河川堤防アルカリ法面対策〜ドクターペーハー液剤散布後のpH調査

0
    当該現場ではpH9~10のアルカリ性を示していて、室内試験ではドクターペーハー液剤10倍希釈液を2回散布すると3地点ともpH8以下に中和処理可能との結果となりました。実際の施工も、試験結果通りに進めていただきました。

    下図が室内試験結果である中和曲線です。10倍希釈液2リットル/屬鬘臆鷸局曚垢襪海箸pH7.4~7.9の範囲に中和できることがわかります。


    散布後、翌日以降であれば芝張りが可能となります。すでに野芝が搬入されています。


    8か所を測定しました。pH7~7.9の範囲にすべて収まっていました。室内試験結果通りになっています。
    4月以降、芝生の生育状況を調査しここで報告させていただきます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:33 最後に更新した日:2017/01/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM