ベトナムからの農地土壌改良の依頼

0
    ベトナムはハノイの旧市街。
    6月に訪越した折にできた人脈のお一人からベトナムでの農地土壌改良についての問い合わせがありました。
    中国産野菜類への危機感は経済発展途上にあるここベトナムでも同じで、安全安心な食への意識が高まっています。
    そこで日本の技術、知恵、経験を活かした無農薬有機栽培ができないかとのこと。
    ある農法で御殿場でのにんにく栽培を始めたばかりの当社ですが、えいやっ!とばかり再び訪越してしまいました。
    vietnum1.JPG

    ベトナムで手広く農業を営む会社からの依頼とのことで、早速現状を視察にハーナム省にある農園へ。
    農地は紅河の向こう岸。陸路がないので渡し船が待機しております。
    ランボーがマシンガンを持って川下りしているシーンがよぎります。
    vietnum2.JPG

    農機具はというと、日本製の中古品でしょうか?
    農機具は中古でも価格が高く、ここベトナムで機械化している農家は極僅かです。
    機械が不足すれば人海戦術で土壌改良すればよいわけで、これは雇用といった観点でみると推奨されることなのです。
    vietnum4.JPG

    折しもベトナムでは本年2回目の米の収穫時期。(北部は2期作、南部は3期作)
    家族総出で鎌で稲を刈り、唯一の機械である共同所有の脱穀機でモミを取ります。
    そして路上での乾燥。ほとんど手作業です。

    帰途、延々と続く米畑に夕陽が長く射し、老いも子供も収穫に汗を流している光景を目にすると、とても大切な何か、はっきり言えば、「幸せ」がそこにあふれているような印象を受けました。異邦人の感傷なのかもしれませんけど。


    古いポンプだって重要な戦力になります。
    vietnum5.JPG

    さてこちらが今回の改良対象の畑です。
    右を見ても
    vietnum6.JPG

    左をみても対象農地。40ha。突き当りは紅河です。
    vietnumu7.JPG

    断面観察。
    過去の紅河氾濫で堆積した土壌です。保肥性は高そうです。粘土質で、排水はやや劣るか?
    これは耕耘と牛糞たい肥の施用で解決できます。
    vietnum8.JPG

    といった視察となりました。
    来年早々にはハノイに進出する日系スーパーへの野菜の供給を予定しているそうで、実施するならすぐにでも計画を立案する必要があります。
    経済的な格差が大きいので、見積もりはかなりコストダウンをしないと契約はできないでしょう。
    でも、やりがいがあるので前向きにチャレンジしたいと強く思っております。
    今後、農地の規模はまだまだ拡大するそうで、日本への安全な野菜供給も視野に入っています。

     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:33 最後に更新した日:2017/01/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM