軽量人工土壌「ボストンファーム供廚表彰されました

0
    造園の技術資格である1級造園施工管理技士の集まりである「全国1級造園施工管理技士の会」から、弊社のボストンファーム兇「会長賞」を授かりました。業界の隅のほうでひっそりと営業している弊社ですが、この製品に陽の光があたるなんて想像もしておりませんでした。感謝いたします。

    当日、会場で製品の概要を説明させていただきました際の写真をここに掲載し、簡単な製造工程をご案内します。

    無機系の材料は建物の外壁、内装に用いられるALC板です。現場で加工する際に発生する端材がごみとして埼玉県入間市の中間処理会社である比留間運送株式会社入間工場に持ち込まれます。


    重機で粗く破砕し、鉄筋などを手作業で取り除きます。その後クラッシャー機を通り3-10mmに分級し骨材が完成します。
    IMG_0969.JPG

    IMG_0974.JPG

    無機骨材に配合する有機物(たい肥)も自前です。
    先ずは剪定枝チップ。これは東京伊奈平の比留間運送さんの工場で剪定枝を受け入れチップ化したものを入間工場へ運び入れます。


    さらに野菜くずなど。いなげやさんをはじめ多摩地区のスーパーマーケットで発生する食品屑が集められます。これを屋上のシューターに入れ2Fのたい肥化装置に落とし込みます。


    剪定枝チップと食品ごみを高圧で圧縮混合することで発熱し、たい肥化が促進される仕組みです。
    たい肥化期間は45-60日間です。その間、EM菌を散布し良質なたい肥を作っています。


    最後に無機骨材とたい肥、さらにpH調整剤などを配合し製品となります。


    ALCは独立気泡を有しているため、とても軽い土壌になります。通常の水分状態で0.65~0.7程度、かなり湿潤状態でも0.8程度です。
    生産数量に限りがありますので、多量にご入り用の際はご一報ください。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:33 最後に更新した日:2017/01/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM