八王子法面の緑化〜その後の状況

0
    10月にドクターペーハー液剤を散布していただき中和処理した法面緑化の状況です。
    種子散布後1か月が経過し順調に生育していますが、寒波の影響もありそろそろ生長が鈍化してきています。
    pH11前後の法面での緑化としてはうまくいっていると思います。
    IMG_2137.JPG

    表層はほぼ中性域を保持しています。
    IMG_2134.JPG

    しかし想定よりも高いpHを示すところが数か所ありました。
    よく観察してみると凍上が顕著な箇所です。おそらく下層10cmあたりからの土壌水が表層へ凍上し、アルカリが集積したものではないかと思われます。
    中和処理後のpH変動へのご質問には、夏場の蒸発散によるアルカリ集積によるpH上昇について御説明してきましたが、凍上に関する情報も加える必要がありそうです。
     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:33 最後に更新した日:2017/01/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM